弁護士に依頼するタイミングはとても重要になります。遅すぎると弁護士でも取りかえす事ができない部分もあるからです。逆に早すぎても弁護士の仕事がありませんので、余分なコストがかかってしまう可能性もあります。交通事故の被害者になってしまった時に、弁護士に依頼するポイントとしておすすめなのが、退院し通院を行い、しっかりと怪我が治った状況かこれ以上怪我は回復しないという症状固定になった段階です。

弁護士に依頼する時にメリットとなるのが後遺障害等級の獲得と保険金額の交渉ですので、症状が固定されてからで十分可能です。またきっかけとしたら、保険会社が治療費の打ち切りを宣告してきたタイミングが頃合いだと言えます。症状が固定した段階で、担当医に後遺障害診断書を作成してもらい、提出する事で後遺障害の等級が決定されます。

症状が固定されてから、かなり面倒な作業が増えてきます。特に会社に復帰するなどのタイミングと同時になりますので、とても忙しくなってきますので、社会復帰したタイミングで弁護士に依頼される方も多くいらっしゃいます。個人のタイミングもあるかと思いますが、症状が固定され、本格的に保険会社との話し合いができる段階で一度弁護士に相談してください。