弁護士のメリット16年11月02日16年11月24日運営者

人身事故の被害者になるという事はとても大変です。怪我をして入院するのも精神的に大きな負担になりますし、会社に連絡したり、保険会社に連絡したりと事故後直ぐに色々な手続きなどの対応が必要になります。重症の場合には、入院し治療を行いながら警察の実況見分をする必要があります。また、治療がある程度すすんだら、加害者側の保険会社との交渉が始まるのです。

加害者側の保険会社は仕方がないのかも知れませんが、とにかく1円でも安くしようと無理な交渉をしてきます。古いタイプの担当者ですと恫喝まがいの事を言って着たりしますので、とにかく精神が安らぐ事ができません。そんな時に弁護士に依頼する事で、面倒な事を全て弁護士の方に肩代わりしてもらう事ができます。事故後に肉体的にも精神的にも疲れてしまっているような場合に非常にありがたい存在です。

また当たり前ですが、弁護士を間に入れる方が、受け取る事ができる金額が高くなります。賠償金や慰謝料、休業補償などの金額面で一般の方が交渉している事よりも高い金額を受け取る事ができます。特に後遺障害が残ってしまった場合や、事故の被害者が死んでしまった場合などは、金額がかなり大きくなりますので、弁護士に依頼するメリットは大きいと言えます。

参照HP・・・http://www.ko2jiko.com/
人身事故の慰謝料問題などを解決している法律事務所のサイトです。